MENU

魚料理でDHAを多く含んでいるものについて

さくらの森きなり

 

魚料理で効率良くDHAを摂取する時に気おつけたいのが、DHAは熱に弱いという点です。

 

効率良く摂取するのに、1番良い魚料理はお刺身などの生で食べることですが、生で食べるのが苦手という場合、焼き魚でもDHAを摂取することは出来ます。

 

お刺身でDHAが多く含まれているのは、トロやブリ、サーモン、マイワシ、ハマチなどがあります。他の青魚にも含まれていますが、これらのお刺身には特に多くDHAが含まれています。

 

中でもマイワシは、魚介類の中でもトップクラスの含有量があります。

 

焼き魚や調理済みの料理の場合は、焼きサンマやサバの水煮、マアジの開き焼き、サケの切り身焼き、うなぎの蒲焼などが特に多く含まれています。

 

これらの魚料理から日々DHAの摂取をすると、様々な効果があります。例えば生活習慣病の予防や、妊娠中の場合早産や低体重などの予防、視覚機能の改善、記憶力や判断力をあげるなどの効果が期待できます。

 

不足がちになるDHAを、お刺身にしたり焼き魚にするなど魚料理の工夫をして、1日の目安摂取量を摂るのが理想的です。

 

 

毎日の食事の中で魚料理を食べていますか?!

 

魚料理が好きな人にとって、栄養素はやはり気になるもの。特に青い背をした魚は、その栄養素にDHAを豊富に含むということも、食べることを継続したくなる理由ですよね。

 

最近では認知症予防の観点からも新たに注目を浴びているのがこのドコサヘキサエン酸です。

 

秋刀魚や鯖にも多くふくまれ、煮魚にしても大変美味しく頂けますし、もしこのような伝統的な和風レシピに飽きてしまったら、秋刀魚や鯖を焼いて調理している間に、パスタを茹でておきましょう。

 

フライパンで魚を焼く過程でオリーブオイルと、トマトを刻んで追加します。

 

パスタに絡めるタイミングでケチャップと塩を適量加えれば完成です。

 

ポイントは二つ。

 

パスタの茹で時間を、記載されているものより、2分早めにしてください。フライパンに移してトマトソースに絡める間にも、熱が加わり、パスタが柔らかくなりますからね。

 

そして、味付けのケチャップと塩を、気持ち、少な目に抑えることです。

 

こうすることで銀背の魚の味がしっかりと感じられるので、“食べた感”が高まります。

 

時にはこうした洋風のアレンジで、イタリアンな魚料理をご家庭でもぜひ、楽しんでみてくださいね。

このページの先頭へ