MENU

DHAはお魚に豊富に含まれる大切な成分

さくらの森きなり

 

最近日本人の食事の欧米化が問題視される事も増えていますよね。

 

日本人の元々の体質で欧米化された食事ばかりを摂る事は、癌や生活習慣病等のリスクを高めると言われているからです。

 

魚料理も昔と比べあまり食べなくなってしまったと聞きます。

 

魚には肉類と比べ、とても豊富にDHAが含まれています。

 

DHAが頭に良いと言うのを何となく聞いた事があるという方は多いと思います。

 

そしてEPAには、中性脂肪を下げたり血液をサラサラにする働きがあるとも言われています。

 

その為DHAは成長期の子供にとても大切なものですが、大人にも必要なものでもあります。

 

ただ、どんなにDHAが大切なものと言ってもどうしても魚嫌いな子供等はいるかと思います。

 

そのような時はサプリメント等で取り入れるのもお薦めです。

 

また、子供でも飲みやすいようにジュースのようなタイプになっている物等も販売されています。

 

無理のない方法で必要なDHAを摂取される事をお薦めします。

 

魚に多いDHA。調理や食事の際の注意点など

 

DHAはドコサヘキサエン酸と呼ばれる体にとって必要不可欠な脂肪酸のことです。

 

DHAは肉類や野菜類にはあまり含まれていないため、積極的に摂取するには魚介類を食事に取り入れるのが望ましいとされています。

 

魚に多くDHAが含まれるのは、海中プランクトンがDHAを産生し、魚がそれを補食するためと言われています。

 

魚の中でも脂質の中により含まれており、初鰹より戻り鰹、赤身よりトロというふうに脂分を意識すると効率的です。

 

そのため、調理をする場合には魚の脂質が流れ出さないよう注意が必要になります。

 

他の注意点として、DHAは体内で酸化しやすいという弱点があります。

 

酸化防止のためには緑黄色野菜を併せて食べるのがオススメです。

 

野菜類を一緒に摂ることで食物繊維やミネラルも摂取できるため、食事のバランスが増すことも期待できます。

 

美味しい魚料理の奥深さについて

 

魚料理と言っても多種多様です。魚の種類はたくさんあり、また、焼いて食べるか煮て食べるか生で食べるか等料理法も豊富です。

 

魚が嫌いという人も多く、魚より肉が好まれる傾向にあります。肉の方が料理がしやすく食べやすいし美味しいからなのかもしれません。

 

しかし、魚より肉の方が美味しいとは思えません。どちらも美味しいと感じています。

 

魚が嫌いな理由として、骨が多くて嫌だという意見がとても多く、味が嫌だという意見はあまり聞かれません。

 

これは単に食べず嫌いしている場合が多いと感じています。

 

骨の少ない魚、また、料理法を変えたり工夫次第で魚が好きになる人も出てくるかもしれません。また、新鮮な魚を食べることにより、その魚の美味しさに気付き、魚が好きになるキッカケになり得ます。

 

魚は工夫次第で美味しくなりますが、栄養価の高い食材でもあります。

 

魚にはDHAとEPAが多く含まれています。EPAはコレステロールを下げ、血液をサラサラにする効果があります。

 

つまり、魚料理は美味しいし、生活習慣病の予防にもなります。このような食材を食べないのはとてももったいないので、いろんな魚をいろんな料理法で試してもらい、魚の良さを知っていただきたいと思います。

このページの先頭へ